射出成形における技術

射出成形機で精度の高い製品を効率よく生産するためには、様々な技術が必要とされます。
金型に流し込む樹脂の温度、射出速度、型締力など、あらゆる条件を最適に制御して、初めて高品質・ハイサイクルでの成形が可能となります。
例えば、樹脂の温度を高くすれば、金型に流し込みやすくなりますが、固める時間が長くなり、生産性は落ちます。
逆に、温度を低くすれば、金型の隅々まで樹脂を行き渡らせることが難しくなり、不良品の原因となってしまいます。

当社の射出成形機は、幅広い分野の工学、力学、解析技術、制御技術を応用し、あらゆる条件を最適に設定することで、高度な成形品質と高い生産性を実現しています。

射出成形機は様々な先進技術を集めてできています。

射出成形における技術分野

機械系技術

・材料力学
・トライボロジー
・材料工学
・流体力学
・熱力学
・制御工学
・振動工学
・機構学

解析技術

・構造解析
・流動解析
・熱解析
・振動モード解析
・公差解析
・流体解析

電気・制御技術

・回路及び基盤設計
・モータドライバ設計
・リアルタイムソフトウェア
・シーケンスソフトウェア
・モータ制御アルゴリズム
・ネットワークシステム

2020年2月9日

Copyright© 住重プラテック , 2021 All Rights Reserved.